プロフィール

  • 坂原弘康
    (神社仏閣専門家 大仏専門家)


    群馬県高崎市出身(現在東京都在住)。
    「神社仏閣専門家」「大仏専門家」として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで活動。
    著書に日本初の大仏専門書『大仏をめぐろう』。


    メディアへの出演および取材協力、商業誌への執筆および取材協力など、各種仕事のお問い合わせは「依頼内容」「依頼料」を必ず明記の上、ご連絡をお願いいたします。
    (各種ご依頼は全て「有料」にて承ります)

    仕事のご依頼はこちらから


    ・坂原弘康Twitter
    ・坂原弘康Facebookページ
無料ブログはココログ

« 神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像トークライブ『仏像マニアックス7』ご来場御礼 | トップページ | 生品神社の「新田義貞公銅像」盗難……、もう一度勇姿を! »

2011年12月 3日 (土)

『仏像見聞夜行〜その時、阿修羅が動いた〜』ご来場御礼

12月3日(土)海洋堂リボルテックタケヤ発売記念イベント『仏像見聞夜行〜その時、阿修羅が動いた〜』にゲスト出演いたしました。
皆様ご来場ありがとうございました。

 

ついに“動く仏像”が降臨!

海洋堂より続々リリース予定の新たな仏像フィギュアシリーズ「リボルテックタケヤ」の発売記念イベントに仏像専門家としてゲスト出演いたしました。

今回はリボルテックタケヤでリリース予定の四天王&阿修羅についてレクチャー。フィギュアファンにもおなじみの戦隊モノになぞらえて、その世界観を紹介させていただきました。

今では同じく仏教の守護神である四天王と阿修羅も、古代インド神話では敵対関係にありました。阿修羅といえば「修羅道」の住人として、戦闘を繰り返す好戦的な存在として描かれますが、実はその争いの原因は四天王のボスである帝釈天が阿修羅の娘をさらってしまい、阿修羅は最愛の娘を取り返すために帝釈天に戦いを挑み続けたのでした。
つまり正義とは、悪とは、いったい何なのか、それを人々に問いかける、とても深いメッセージがこめられているのです。

このように設定がわかると一段とリボルテックタケヤが楽しくなりますので、この機会にぜひ仏像の世界にも触れてみてはいかがでしょうか。

 

当日のイベントアーカイブが視聴できます。ぜひご覧ください。こちら

« 神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像トークライブ『仏像マニアックス7』ご来場御礼 | トップページ | 生品神社の「新田義貞公銅像」盗難……、もう一度勇姿を! »