プロフィール

  • 坂原弘康
    (神社仏閣専門家 大仏専門家)


    群馬県高崎市出身(現在東京都在住)。
    「神社仏閣専門家」「大仏専門家」として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで活動。
    著書に日本初の大仏専門書『大仏をめぐろう』。


    メディアへの出演および取材協力、商業誌への執筆および取材協力など、各種仕事のお問い合わせは「依頼内容」「依頼料」を必ず明記の上、ご連絡をお願いいたします。
    (各種ご依頼は全て「有料」にて承ります)

    仕事のご依頼はこちらから


    ・坂原弘康Twitter
    ・坂原弘康Facebookページ
無料ブログはココログ

« TBSラジオ『たまむすび』で『大仏をめぐろう』が紹介されました | トップページ | 【大仏巡礼】日本全国“大仏頭”特集 »

2012年4月27日 (金)

坂原弘康の『仏像のミカタ』 「あの世っていったいどんなところ?“地獄極楽めぐり”」ご来場御礼

★4月21日(土)開催、坂原弘康の『仏像のミカタ』 「あの世っていったいどんなところ?“地獄極楽めぐり”」無事終了いたしました。
ご来場いただきましてありがとうございました。

 

Butsumika21

極楽の主は阿弥陀如来。人々を正しい道へと導く偉大な存在。「鎌倉大仏」も「牛久大仏」も阿弥陀如来です!

Butsumika22

「九品」はあなたの現世での成績表!ランクによってお迎えの時や極楽に行ってからの扱いが変わってきます。極楽も実はいろいろ厳しい世界なんです!

 

神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像トークライブシリーズ
“坂原弘康の『仏像のミカタ』”

今回のテーマは「地獄極楽」!
古来より説かれてきた地獄極楽の世界。その基礎知識とそこにこめられた心をご紹介しました。

一口に地獄極楽といいますが、極楽の主・阿弥陀如来を中心とした「極楽のストーリー」や地獄道、人間道など六つの世界(六道)で人々を救済する・地蔵菩薩を中心とした「地獄のストーリー」などが、日本の風土の中で融合し、発展してきたものが現在の我々がイメージする地獄極楽の世界観になっています。今回はそれぞれのストーリーに着目して、地獄極楽の世界に迫りました。

ただ極楽は楽しく、ただ地獄は恐ろしいだけではありません。そこには様々な教訓がこめられています。悪人でも本当に心より悔い改めれば救いの道が開けることを説く「極楽」の教え、悪人はその行いに応じて因果応報の苦しみを味わうことを説く「地獄」の教え、そのどちらも今すぐに日頃の間違った行いを改め、人として正しく生きる道を説いているのです。

 

Butsumika23

“あの世”をバーチャル体験その1「戒壇巡り」。
お堂の床下に作られた通路はまさに真の闇。その中で壁の錠前に触れることができれば阿弥陀如来とご縁を結ぶことができます。

Butsumika24

“あの世”をバーチャル体験その2「立体絵解き」。
精巧なジオラマで地獄極楽の世界を再現している「伊豆極楽苑」。現代のものに例えたわかりやすい解説も人気の秘密。ここで事前に予習しておけば極楽に行けるかも!?

 

地獄極楽の世界をわかりやすく人々に伝える方法として、絵を用いて解説する「絵解き」というものが行われてきました。やはり聞くだけよりも、絵を見ながらだとよりわかりやすく、多くの人々に地獄極楽の精神を伝えてきました。

さらにはお堂の地下に設けられた暗闇の通路を進み、死後の世界そして再生までを体験できる参拝方法の「戒壇巡り」、絵だけではなく立体造形で地獄や極楽の世界をジオラマで再現した「立体絵解き」(←私が命名)といったものまで登場しています。

現代まで受け継がれてきた地獄極楽の世界は、人として大切なものを私たちに伝えてくれます。
今一度、地獄極楽にこめられた心を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

Butsumika31

Butsumika21

次回の“坂原弘康の『仏像のミカタ』”は6月23日(土)開催!
大好評の大仏トーク第二弾「仏像界のビッグスター“大仏”2」
只今予約受付中!

詳細はこちら

皆様どうぞお待ちしています。

« TBSラジオ『たまむすび』で『大仏をめぐろう』が紹介されました | トップページ | 【大仏巡礼】日本全国“大仏頭”特集 »