プロフィール

  • 坂原弘康
    (神社仏閣専門家 大仏専門家)


    群馬県高崎市出身(現在東京都在住)。
    「神社仏閣専門家」「大仏専門家」として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで活動。
    著書に日本初の大仏専門書『大仏をめぐろう』。


    メディアへの出演および取材協力、商業誌への執筆および取材協力など、各種仕事のお問い合わせは「依頼内容」「依頼料」を必ず明記の上、ご連絡をお願いいたします。
    (各種ご依頼は全て「有料」にて承ります)

    仕事のご依頼はこちらから


    ・坂原弘康Twitter
    ・坂原弘康Facebookページ
無料ブログはココログ

« 練馬区民大学『坂原弘康の大仏講座』第2回 | トップページ | 関ケ原ウォーランドのノーモアシールに“あの漢”が登場! »

2012年10月 3日 (水)

練馬区民大学『坂原弘康の大仏講座』ご参加御礼

★練馬区民大学
坂原弘康の大仏講座『日本の大仏』無事終了いたしました。

練馬区主催の練馬区民大学に、9月のゲスト講師として出演。
大仏講座を全3回にわたって開講いたしました。

ご参加ありがとうございました。

Nerimakukouza06

Nerimakukouza02

Nerimakukouza03

Nerimakukouza05

第1回 9月13日(木) 「大仏大辞典」
「大仏の定義は?」「日本で一番大きい大仏は?」など、大仏初心者でも一からわかる大仏の基礎知識を学ぶ大仏入門編です。

第2回 9月21日(金) 「大仏の楽しみ方あれこれ」
大仏はテーマパークのルーツ!大仏の内部を参拝する「胎内めぐり」や現代ならではの「大仏+α」な楽しみ方を紹介します。

第3回 9月28日(金) 「手作り大仏をめぐる」
現代も全国各地で建立されている大仏。地元の人々によって愛され、守られ続けている「手作り大仏」の知られざる世界を紹介します。

といった大仏専門家の私ならではの講座内容で、大仏様の基礎知識から、古代から現代まで様々な場所で沢山の人々に愛されている大仏様の魅力、そしてそれを通じてお寺、仏像めぐりの楽しさを紹介いたしました。

私も仏像講座の講師として、今までにも一般的な「仏像の歴史や見分け方」といった講座は何度も行ってきましたが、とくに今回は“大仏講座”の開催ということで、私ならではの知られざる大仏史、近現代の「高層大仏」や個人建立による「手作り大仏」などについてもお話させていただきました。

一般的な仏像本には取り上げられることはない、これらの大仏様ですが、私はその姿にひじょうに心を打たれました。一見するとその見た目のインパクトから「巨大すぎる」「稚拙な造形」「コンクリートの仏像なんて価値が無い」などと揶揄されがちですが、私が言いたいことは、お寺にまつられたこれらの大仏様は「みな人々が心をこめて作り上げたものであり、ふざけて作ったものなど一体もない」ということです。

人はどうして大仏を作るのか。そして人は大仏に何を思うのか。
それを紐解けば、建立者やそこに関わってきた沢山の人々の熱い思いや祈りが浮かび上がってきます。
私自身も故郷高崎の「高崎白衣大観音」に見守られながら育ち、観音様はいつも私の心にあります。

“ほとけ”にこめられた人々の心……。
そこに、古いだの新しいだの、国宝だの無指定だの、木造だのコンクリート造だの、そんなもの
は一切関係ないのです。

今回の講座でも多くの受講者の皆様より、「行ってみたくなった」「手作りの大仏様に感動した」など、いろいろなご感想をいただきました。
また新たなお寺、仏像めぐりのご参考になりましたら嬉しく思います。

今回の大仏講座を受講いただきました皆様、そして今回の大仏講座を企画してくださいました練馬区役所の皆様に改めまして御礼申し上げます。

これからも「日本唯一の大仏専門家」として、大仏様の魅力、楽しさを紹介していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

« 練馬区民大学『坂原弘康の大仏講座』第2回 | トップページ | 関ケ原ウォーランドのノーモアシールに“あの漢”が登場! »