プロフィール

  • 坂原弘康
    (神社仏閣専門家 大仏専門家)


    群馬県高崎市出身(現在東京都在住)。
    「神社仏閣専門家」「大仏専門家」として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで活動。
    著書に日本初の大仏専門書『大仏をめぐろう』。


    メディアへの出演および取材協力、商業誌への執筆および取材協力など、各種仕事のお問い合わせは「依頼内容」「依頼料」を必ず明記の上、ご連絡をお願いいたします。
    (各種ご依頼は全て「有料」にて承ります)

    仕事のご依頼はこちらから


    ・坂原弘康Twitter
    ・坂原弘康Facebookページ
無料ブログはココログ

« 『神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像めぐりバスツアー 千葉編』ご参加ありがとうございました | トップページ | 大仏専門家・坂原弘康の大仏講座Web版 「日本一大きい大仏、小さい大仏」 »

2014年9月11日 (木)

大仏専門家・坂原弘康の大仏講座Web版 「大仏の定義」

「大仏」とはいったいどんな仏像のことでしょうか?

大仏とは…、

「大」きな「仏」像のこと!

 

何じゃそりゃ~、と思われる方もいるでしょうが、本当にとくに定義は決まっていません

 

いちおう定義の一例として、こういうものもあるのでご紹介いたします。

「一丈六尺(約4.8メートル)以上の仏像(座像なら半分の約2.4メートル以上)」

※一丈六尺の大きさで作られた仏像を「丈六仏」といいます。

これは仏教の開祖であるお釈迦様の身長が一丈六尺であったという伝説に基づくもので、それ以上の大きさの仏像を「大仏」としています。
※丈六仏より大きいものを「大仏」とするという考え方もあります。

ただし丈六仏の制作は多大な手間と費用もかかるので、その半分の大きさの「半丈六」で作られることも多く、半丈六でも十分人間よりは大きいので、大仏と呼ばれている例もあります。実際にお目にかかれば、きっと大きいなあと感じるはずですよ。

 

つまり「大仏」とは、あなたがその仏像を見て大きいなあと感じれば、それはもう「大仏」なのです!

あなたと大仏様の素敵な関係!

 

大仏専門家・坂原弘康の大仏講座Web版、次回をお楽しみに。

« 『神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像めぐりバスツアー 千葉編』ご参加ありがとうございました | トップページ | 大仏専門家・坂原弘康の大仏講座Web版 「日本一大きい大仏、小さい大仏」 »