プロフィール

  • 坂原弘康
    (神社仏閣専門家 大仏専門家)


    群馬県高崎市出身(現在東京都在住)。
    「神社仏閣専門家」「大仏専門家」として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで活動。
    著書に日本初の大仏専門書『大仏をめぐろう』。


    メディアへの出演および取材協力、商業誌への執筆および取材協力など、各種仕事のお問い合わせは「依頼内容」「依頼料」を必ず明記の上、ご連絡をお願いいたします。
    (各種ご依頼は全て「有料」にて承ります)

    仕事のご依頼はこちらから


    ・坂原弘康Twitter
    ・坂原弘康Facebookページ
無料ブログはココログ

« 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ | トップページ | 神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像講座、仏像めぐりツアーのお知らせ »

2016年7月13日 (水)

「神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像めぐりツアー 埼玉編」ご参加ありがとうございました

7月9日(土)開催「神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像めぐりツアー 埼玉編」無事終了いたしました。
皆様ご参加ありがとうございました。

 

Ct160707

 

Ct160701

Ct160709

Ct160708

安楽寺

 

Ct160702

妻沼聖天山 

 

Ct160704

Ct160703

割烹旅館二葉

 

Ct160705

興善寺

 

Ct160706

Ct160710

Ct160711

泉福寺

 

今回は埼玉県の仏像めぐりツアーを開催いたしました。

阿弥陀如来の信仰と文化をテーマに、阿弥陀如来をまつる熊谷市の安楽寺、白岡市の興善寺、桶川市の泉福寺、そして極彩色の彫刻に彩られた国宝建築の本殿で名高い妻沼聖天山歓喜院を参拝いたしました(当初予定していた滑川町の泉福寺は雨天拝観中止のため、一部コース変更)。

人々を極楽浄土へと導く阿弥陀如来は我が国でも人気のある仏様の一人です。とくに平安時代中頃より阿弥陀如来を念じる浄土教が流行して、苦しみや迷いの多いこの世から救ってほしいという願いから多くの人々に信仰されました。
平安時代には極楽浄土で瞑想する姿を表現した穏やかで優美な坐像、さらに鎌倉時代には極楽浄土から早く迎えにに来てほしいという思いから立像が多く作られるようになりました。平安時代の定朝様の作風を継承する泉福寺の阿弥陀如来坐像(鎌倉時代の作)、鎌倉時代ならではの玉眼、そして全国でも珍しい裸形像といったリアリティを追及した興善寺の阿弥陀如来立像はそうした特徴のよく分かる作例です。

ユニークなのは「九品仏」と呼ばれる九体の阿弥陀如来の像をまつったもので、これは生前の行いによって九通りの極楽往生の方法があることを視覚的に表現したものです。京都府の浄瑠璃寺、東京都の九品仏浄真寺の作例がよく知られていますが、実は埼玉県の安楽寺にもあります(他には長野県の蓮台寺など)。人々の極楽浄土への憧れを感じる素晴らしい仏像です。

妻沼聖天山歓喜院は平安時代の武将、斎藤実盛公ゆかりの聖天様のお寺として人々に信仰されてきたお寺です。庶民の浄財によって建立されたという本殿は、厚い信仰を現在に伝えています。
「鷲と猿」の彫刻は人々を救う聖天様を表したもので、今年の『日刊ゲンダイ新春特別号』でも申年のおすすめ開運スポットとして紹介いたしました(こちら参照)。

昼食には小川町の老舗割烹旅館二葉の名物、忠七めしをご賞味いただきました。幕末の志士・山岡鉄舟翁ゆかりの伝統の味です。

また次回も魅力溢れる仏像の世界をご紹介したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像講座、仏像めぐりツアーのお知らせ

【仏像講座】

●仏像講座「テーマごとに仏像の世界を学ぼう」

開講日 毎月第二金曜 14時~15時半 会場 新宿アイランドウイング

8月12日(金)「不動明王 怒りと慈悲の心」
9月9日(金)「釈迦如来 誕生から涅槃まで」
10月14日(金)「弥勒菩薩 未来への願い」
11月11日(金)「閻魔王と地獄」

詳細・お申込みはこちら

※9月以降の講座は8月上旬受付開始です。

 

【仏像めぐりツアー】

●9月25日(日)「白鳳期から鎌倉期まで 千葉に残る古仏めぐり」

龍角寺‐荘厳寺‐勝覚寺‐妙楽寺
千葉の仏像めぐりツアーです。千葉に伝わる白鳳仏、平安仏、鎌倉仏をめぐり、各時代の仏像の魅力を紹介いたします。

詳細・お申込みはこちら ※好評につき満席となりました

 

ご参加お待ちしています。

« 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ | トップページ | 神社仏閣専門家・坂原弘康の仏像講座、仏像めぐりツアーのお知らせ »